アプリ塾

アプリ塾(ブレイントラスト)

エンジニアの卵の登竜門、アプリ塾。未経験者の
知識も費用もお給料まで全てアプリ塾がバックアップ!

アプリ塾 開講

未経験者のためのアプリ塾を開塾

日々、受託開発や自社メディア・サービスの開発に取り組んでいるブレイントラストが、 プログラム未経験者でもやる気があれば、給料を負担し責任を持ってアプリ開発者に育成するアプリ塾を開塾しました。
じっくり勉強してアプリ開発者になりたいけど、収入面が不安でなかなか踏み切れなかった方も、 安心してプログラミング技術の習得に集中できます。
ブレイントラストが、無料でテキストやPC環境、オンライン研修の費用を負担し、その上その期間のあなたの給料を負担します。
今まで、無料でアプリ開発の習得ができるといったものはありましたが、ブレイントラストはさらにお給料を負担します。

2ステップでアプリ開発者として正社員に

アプリ塾に入塾すると、ブレイントラストの契約社員としてまずプログラミングの基本を社内で自習していただきます。 最初の2ヶ月間の間に、プログラミング入門レベルの資格を2つ取得していただきます。テキストとPC環境を提供します。
自習期間内は、ブレイントラストの電話番や庶務なども適宜手伝っていただきます。自習の進捗や自習期間の態度に問題があれば、退塾していただきます。
次にの3ヶ月でアプリを1つ開発していただきます。
オンラインのプログラミング研修講座(46時間)を受講しつつ、そこで学んだことを踏まえてアプリを最低1つ完成させてください。
アプリを開発した後、システム開発のプロジェクトへの参画が決まったら、アプリ塾を卒業、ブレイントラストの正社員として採用されます。

アプリ塾
(1) アプリ塾への入塾
アプリ塾入塾申込みフォームからエントリーをしてください。
折り返し担当者からご連絡差し上げます。
入塾条件は、20代までのアプリ開発未経験者。30代は不可です。
アプリ塾
(2) 最初の試練(1〜2ヶ月間)
入塾が認められれば、次の資格取得に向けてブレイントラスト社内で自習してください。
テキストと学習環境(PC環境)はブレイントラストが提供します。 期間は、最大2ヶ月、進捗が早ければ1ヶ月で次のステップに進むことも可能です。 この期間はブレイントラストの1ヶ月毎の契約社員として給料をお支払します。
ただし、電話番や庶務のお手伝いも担当していただきます。 また、進捗が遅すぎたり、勤怠や自習時の態度に問題があったり、 最大2ヶ月の間に上記資格試験を取得できなければ、適性がないと判断し、退塾していただきます。
(3) 2つ目の試練(3ヶ月間)
晴れて、資格を取得できれば、オンラインのプログラミング研修講座(46時間)を受講していただきます。 費用は、ブレイントラスト負担です。
講座終了後、もしくは受講中からでも構いませんが、アプリを最低1つ開発していただきます。 講座受講とアプリの開発を3ヶ月以内に終えてください。
(4) 最後の試練(アプリ完成後)
ブレイントラストが参画する開発プロジェクトや受託開発案件などの開発チームの責任者の眼鏡にかない、 プロジェクトへの参画が決まれば開発者としてブレイントラストで正社員採用します。アプリ塾の卒塾です。
最短で、入塾から4ヶ月目でアプリ開発者になることができます。 おそくとも5ヶ月の間にアプリを開発し、開発現場から認められるようになるのが最終目標です。

アプリ塾の応募・お問い合わせ

ページトップへ